ラクトフェリンの特徴を知って、効率的な摂取を!

ライオン ラクトフェリン+ラブレ

健康と美容にさまざまな働きがあるとされているラクトフェリン。その特徴を知ることが、より効率的にラクトフェリンを摂取するカギとなります。

ラクトフェリンはタンパク質であるため、熱に弱く、胃酸や消化酵素で分解されてしまう性質を持っています。このことからも、食べ物からラクトフェリンを摂取するのはとても難しいことがわかります。

そのため、胃で溶けずに腸で溶ける、腸溶性のラクトフェリンを摂取する必要があります。

※胃で消化された内ペプシンという酵素で消化された場合は、ラクトフェリシンとなり強力な抗菌活性を示すようになりますので、胃で消化されても全てが無駄になると言う訳ではないようです。

摂取が難しい、熱に弱いラクトフェリン

ラクトフェリンの特徴に、まず熱に弱いことがあげられます。そのため、高温で殺菌されている市販の牛乳や、それを原料として作られたヨーグルト、チーズなどでは、ラクトフェリンのはたらきは失われてしまうのです。市販の普通の牛乳やヨーグルトをいくら食べても、ラクトフェリンの期待するような働きは得ることができないとされています。

ラクトフェリンを効率的に摂取するためには、熱に影響されないようフリーズドライ製法で作られたなど、特殊な方法で作られたものが望ましいようです。

胃酸や消化酵素によって分解されるラクトフェリン

それでは、加熱処理されていない生乳やナチュラルチーズからラクトフェリンを摂取できるかというと、それもまた難しいのです。ラクトフェリンには、胃酸や消化酵素にも弱いという特徴があり、食べ物から摂ろうとしても胃で分解され、しっかりと腸まで届かないのです。

ラクトフェリンは腸に届くことによって、本来の力を発揮するとされています。生後間もない赤ちゃんは、胃酸の分泌が少ないためにラクトフェリンが腸の受容体まできちんと届きますが、大人の場合はラクトフェリンは胃で分解されるため、ちゃんと腸までは到達しないのです。

ラクトフェリンによるパワーをより実感するためには、熱や酸に影響されない、腸溶性のラクトフェリンを摂取することが大切なのです。

ラクトフェリンの特徴から選ぶ、腸溶性ラクトフェリン

健康維持に欠かせないラクトフェリンは、熱に弱く、胃酸や消化酵素によって分解されてしまうという大きな特徴を持っています。そのため、市販の乳製品はもちろん、生乳などから摂取することはとてもむずかしく、ラクトフェリンの働きは期待できないのです。

だからこそ、腸溶性のラクトフェリンを選ぶことが大切です。ラクトフェリンの働きを期待するのであれば、胃ではなく、腸で溶けるように工夫されたサプリメントなどの栄養補助食品で摂取するようにしましょう。